CONCEPT コンセプト

本物のこだわりが生み出す安らぎ

日々をうるおす、心地よい距離感と温もり。住戸空間は、都心における生活のあり方を踏まえて、代官山ならではの邸宅が演出されています。
それぞれの居室は充分な広さが取られており、開放感や贅沢さの追求だけではなく、家族の間でもお互いの時間を尊重できる、程良い「距離感」を生み出す考えに基づいて設計が行われています。さらに、個々の感性と自在に融合する懐深い空間づくりのために、プレーンなインテリアカラーを基本とした建物が構築されています。

代官山駅2分の羨望の丘

代官山という、この街の特色である最先端の都市文化を、シャワーのように享受でき、さらには、都心の他の街や横浜などにも楽々とアクセスできる利便性の高い立地。一方で、真のくつろぎを実現する喧噪から一線を画す環境。こうした、相反した条件が叶えられた空間として、ブリリア代官山プレステージは存在しています。

透明な光に導かれる、自邸への道

地下のエレベーターホールへ至るエントランスアプローチ。多忙な一日の疲れをリセットし、自邸という別天地へ向かう開放感が、光とガラス素材によってアーティスティックに描き出されます。階段を降りた右手の「光壁」が、裏側に組み込まれたライトパイプから発せられる幻想的な光とともに不思議な浮遊感を与え、安らぎが演出されています。シースルーのエレベーターや階段の各段に設けられたLEDランプは、上質なセンスの空間表現と、帰宅時の安心感を高めるために配慮されています。

先進の美意識に宿るのは、温かな安心感

この街に暮らす喜びを感じさせる、高いデザイン性を備えたエントランスは、それ以上にセキュリティに対して配慮されています。たとえばN.Y.の高級アパートメントでは、入口にドアマンが立ち、人の出入りにさり気なく気を配るのが常識とされています。その思想を取り入れ、朝夕のガードマン常駐を始めとした24時間有人管理体制が敷かれています。その他、光ファイバーを活用した侵入検知システムなど先進技術による安心も追求されています。
※上記の画像は竣工時等の画像となります。
※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しております。